仕事優先のメンタルヘルスケアの難しさ

エンジニアにとって、精神面のケアは欠かせない。
しかしそのことをよく理解していても、実際の仕事では、精神面のケアを軽視しがちである。
それは、どうしても仕事を優先してしまいがちな職場の状況によるところが大きい。
重要な仕事は、必ず結果を出す必要がある。そのためならば、多少無理をしてでも現状を乗り越えようとする。

しかし、毎回の仕事でそのような状況が続くと、メンタルヘルスへのケアは怠りがちになる。
セルフケアを怠ることが習慣化し、精神疾患をきたすということにもなりかねない。
仕事を優先して妥協してしまうことが、メンタルヘルスに異常をきたす大きな要因としてある。
この問題を解決するためには、仕事の責任を守る重要性に対して同等に、セルフケアもまた優先すべき事柄である事を改めて認識すべきである。
もし精神的に大きな負担があるならば、他人を頼る事も方法としてある。
一人で対処できない大きな責任を抱えることが大きな問題であり、助けを求めれば精神的な負担は少なくすることができる。
重要な仕事をやり遂げる事も、エンジニアとしては重要な要素ではある。

また、忙しく仕事に打ち込んでいる職場の責任者も、彼らの人材としての価値を損なわないように、労働環境について十分な配慮を必要とする。
職場の中での役割分担などの配慮を行い、一人に仕事の責任や負荷が集中する事を避けることで、心身の消耗を防ぐ配慮が可能となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です